第37回『ヨーヨー惑星』

【黄泉なはれ】雲風の冥界通信 第37回2012年8月26日号

夏ですね、夏祭り・・・そして直ぐに秋、秋祭りも目前です。
子供の頃の記憶を呼び起こしやすい時期です。

せっかくなので、今回は、ヨーヨー釣りのヨーヨーで遊んでみましょう。
風船に水が入ったアレです。
では、椅子に腰掛け、かるく目を瞑ってください

利き手の中指にゴムの輪の部分を通し、ヨーヨーを手にしましょう

何色のどんな柄のヨーヨーを持っていますか?じっくり見て柄や色を覚えてください 手に握った感覚も覚えてください

まだ手に持ったままでいてくださいね

ゴムの長さは無限大です 出来るだけ遠くに飛ばしてキャッチしてみましょう

ただし、下向きに飛ばすのではなく正面に飛ばしてみましょうね いいですか?

現実世界の”重力”を感じすぎてイメージできないという方は、浅く座って背もたれにもたれるようにして座ってみましょう

壁に足をつけてるイメージです

ではヨーヨーで遊んでみましょう

色柄はしっかり覚えてますね? では 手の中にあるヨーヨーを 正面にゆーっくり飛ばしましょう  キャッチするまで手はそのままです

スローモーションを見るように風船が手から離れていきます ゆーっくーり 柄はずっと見えたまま 遠く 遠く 遠く 遠く 離れていきます

見えなくなるまで 飛んで行っちゃいましたね でも大丈夫 ゴムが付いてるから戻してキャッチしてみましょう

手首を少しだけ優しく引きます

ゆーっくりヨーヨーは戻ってきますよ 色と柄がしっかりわかりますか?

あら?最初に手の中にあったサイズよりも大きくなってませんか? 大きくなってたら手の中に戻るまでに元の大きさに戻してください

ではゆーっくりキャッチしますよ 風船の感触、覚えてますね

ヨーヨーをキャッチした後、風船の中の水を感じます キャッチした瞬間から 少し遅れて水もキャッチし、手に感じられましたね

うまくキャッチできましたか? では手の中に戻ったヨーヨーを見つめてください すごく遠くまで飛んでくれましたね お礼を言い、感謝しましょう

では ゆっくり目を開けます。
どうですか? うまく遊べましたか? ヨーヨーの感覚、お水の感覚、感じられましたか?
これがヨーヨーで遊ぶ”惑星ゲーム”です。
創造主チームのメンバーが得意とするものです。
慣れてくるとレベルも上げていき、宇宙空間を想像しながら、いろんな色・柄のヨーヨーで遊びます。
”ぬり絵”で、恐竜や動物にありえない色をつけるのと同じ、ありえない遊びです。
ただ”ぬり絵”と違って、この遊びはある程度大人になってからでなければできません。
なぜなら、”人間”とは現実社会で体験できる”リアル”なものしか想像できず、”こうに決まってる”という固定観念から逃れられない生き物です。
”ヨーヨー遊びとは、下に向けてバウンドさせる遊びだ”
そう断定することで創造力は欠如します。
そう脳に植えつけると、重力に関係なく飛ばし、優しく離して優しくキャッチするという想像ができないので、この惑星ゲームは成り立たないのです。
”ありえない想像”ができる子供であれば、一度手にして遊んでしまっても、身近なものすぎても、”断定”されてしまっても、想像力が優ります。
なので、このゲームも可能でしょう。
「子供の頃、何も買ってもらえなくてね・・・いろいろ想像して遊んでたよ」そういう方であれば創造力は豊かです。
ただ、悲しいかな、”リアルすぎる”感覚まで得られないのが残念だったりもします。
”一度体験してみる”
それがとても重要なことを意味するのはお分かりいただけるでしょう。ですので、できるだけ多くのことに興味を持ち、体験してみてください。
”決め付けることで創造力を奪う”ということでは、どれだけのびのびと育てられたか、魂のレベルが高いか、によって変わってきます。
”○○しなさい”、”○○なんだから”、”○○に決まってる”という言葉をたくさん使う方の側にいれば能力はどんどん奪われていきます。
”威圧”ですね。現実社会、仕事や政治などで”圧力をかける”という言葉を耳にしたことがあると思います。
圧力鍋もそうですが、圧力をかけられると過度のストレスがかかります。
しかし、それをうまく利用すれば圧力をかけられたものの方が柔軟になります。
圧力鍋で調理すると、煮えるのが早く、とても柔らかくなると言いますが、まさにそれと同じです。
ただ、ストレスはうまく処理できないと細胞を壊していってしまいます。
圧力鍋で煮たお肉や魚が、形を崩さず骨までホロホロにできるのはそれを教えてくれていますね。
牛を大きくする飼料。それを食べた牛は大きく育ちます。それを食べた人間は大きく育ちます。分かりやすいですね。
”死なないけれど何かしらの影響はあるよ” それをゆるーく教えてくれるのが現実社会です。
人間の最小単位は細胞です。細胞の集合体で形成されていることを考えれば、目先のものに左右されることはなくなります。
圧力鍋以外でも無水鍋、レンジ鍋というものもありますが、何を教える為にあるのか、細胞にとってはどうなのか、を考えれば悩むことも少なくなります。
何も食べなくても生きていける時代は直ぐそこですから、多くの美味しいものの”味見”ができていれば想像で楽しむことはできるのですから。

すべては経験から。
知らずして伝えることはできません。ヴィジョンもテレパスも言葉なくして相手に伝えることができる技術です。
今後、言葉や文字では表せない”能力”がどんどん表に出てきますから、キャッチできる能力、使いこなせる能力を持っていないと楽しく遊べなくなってしまいます。

我々は地球人という宇宙人です。”人間”以上の能力を秘めたまま淘汰されていくのは宝の持ち腐れ。
1兆円を貯金するだけ貯金して、1円も使わずして死んでいくようなものです。
”勿体無い”
ゴミも再利用する時代です。”不必要になった人間”も再利用します。
この度の次元上昇で不必要な魂は創造主によって回収され、不必要になった肉体は自然に還されます。

ヒトラーのように、人間の脂から石鹸をつくる、人間の髪から紙をつくるという派手な”究極エコ”まではやらないと思いますが、物がなくなる時代に閉じ込められた方がいたら、記憶を呼び起こしてやっちゃうかも知れませんね。

”ある”ものが無くなると”再現”しようとするのが人間です。

文明の利器を手放すことができない者は、それを追い求めるのです。
創造主も無駄なものを生み出すために能力を使っている訳ではありません。
今の”空間世界”には限りがあります。
もっともっといいものを創造したいから、寿命である”生命の木”の再利用を考えたのではないでしょうか。
一人一人のレベルが上がれば”バグ”も少ない、もっとよりよい空間に変えられるのです。
ただ、生きてるだけの”53(ゴミ)人間”といわれないよう、エコな人になりましょう。
ま、ゴミも必要なんですけどね。しかし、深く入りすぎるので割愛します。

ところで、この世界、

江ノ島、えのしま という名前でもわかる通り、”絵”で描かれたものがほとんどの世界です。

もちろん、雲も絵で描いています。
薄く色をぬり、雲を描く。雲の生まれる場所があり、そこで創造されています。
では、皆さん、子供の頃に”紙ずもう”という遊びをした経験がありますか?

”紙切り”や”切り絵”というものはご存知ですか?
半分に折った紙をハサミで切って、切り終えたら広げて、黒い台紙に置いて・・・というアレです。
紙ずもうを作るのと、全く同じ手法です。
神さまは”人間”を、粘土やお菓子、ヒトガタ、人形、などなど・・・いろいろなものから模したと言われますが、
”人間”のうち、多くの方は紙で造られ、半身だけ描かれたものが回転により立体となって”人間”とされています。
”半神”の伝説が数多く残るのは、”半分の紙”に繋がるためのヒントとなっているのでしょう。
本来ならば、心臓位置は体の中心にあるものです。
なので、本来のあるべき姿に辿りつこうとする者は、心臓を中心あたりに感じていることでしょう。
創造主さんの話によれば、紙の人間の自転と、地球の自転などにより心臓の位置が偏ったのだということなのですが、
そうやって造られたものが進化していくのだと知り、驚きます。
地球の自転も、ですが、ずっと回していくにはエネルギーがいる。
ですが、中心軸を傾け、島や人口、建物の配置を考え、その重さにより球体が自力で回ることができる。
”自転”とはそういう風にして造られたものだったんですね。
科学者や哲学者もさぞビックリでしょう。
本当は、目に見えないだけで地軸は球体に刺さってるままなのかも知れません。宇宙が明るくなれば、見えるかも知れませんね。

元々、宇宙は真っ暗ではなく、明るかったんです。
でも、遊んでるうちに、高度な技術で錯覚させなければ、ネタバレしてつまらなくなってしまうと考えたのでしょう。
少し前の特殊技術加工に優れていた映画作品も、明るい場所で観てしまっては作り物だと見破られてしまいますよね。
それと同じで暗い空間にしてしまえば、”粗捜し”はしないし、恐怖を感じて触ろうとはしません。
夜空に恐怖を感じさせ、ものの怪がいると、夜を怖がらせ、
真っ暗な宇宙空間も何がいるかわからないと思わせれば、暗がりにライトを当てて粗捜しする者もいないでしょう。
いい作戦です。

同じことを現実でやっていても、そんな大がかりにやっているとは誰も気づきません。
しかし、恐怖ばかりでは発展しない。そういうわけで、星を見えるようにし、興味を駆り立てたのです。
夜の暗がりでも、星に道案内をしてもらえば、大海原に航海に出ても安心できる。
”道しるべ”はいつだって光だったんです。

”暗闇にあるからこそ光は映える”
創造主は能力の高い”宇宙空間プロデューサー”なのです。

【編集後記】

ヨーヨー遊びやってみましたか?
惑星を壊さないように、メッチャ”優しくキャッチ”しなくてはいけないそうです。
自分に吸い寄せられて手の中に収まる感覚がとても大事なんだって。
子供だとすぐ壊してしまいそうですね。

これまでの常識とは違うことを聞かされると、その途中で粗探しをしてしまい、矛盾を突いて話の腰を折ってしまいます。
私自身においても、なかなか受け入れるのは難しかったのですが、
ストーリーの途中で粗探しをせずに、”最後まで受け入れて”から詳細の確認に戻ってみてください。
それが真実を理解するためのテクニックだと思います。

読み返していくほどに理解が深まります。
一度で終わらず何度も読み返してみて下さいね。

夏といえば、花火。
打ち上げ花火を観すぎて、ビッグバンを起こさないようにしましょう(笑)

ではまた次回☆

【Saraswati店舗よりお知らせ】

バイオ・ノーマライザータブレット
バイオ・ノーマライザータブレット180粒入り 

・放射性物質による活性酸素大量発生から身を守る
・第六感を覚醒させるために降ろされたサプリメント
バイオ・ノーマライザーについては、こちらもご覧下さい。
http://ameblo.jp/shin5nack/entry-10841043623.html

「健全な身体に健全な魂が宿る」、と言われた通り
健全な身体(元々の完璧であった自分)に戻るためには、善玉カルシウムの補給が欠かせません。
魂の入れ物が完璧になれば、脳力を100%使えるポテンシャルが復活します!
善玉カルシウムは八雲風化貝カルシウム
廃骨促進と骨代謝アップ出来る善玉のカルシウムといえば八雲風化貝カルシウムです。

善玉カルシウムの詳しい効果や活用方法はについては、こちらのブログも合わせてご覧ください。
http://ameblo.jp/shin5nack/theme-10063025792.html

「黄泉(よみ)なはれ」Saraswati雲風の冥界通信を無料公開中!

このままでは世界の人口は1/3になってしまう見込みです。新しく生まれ変わる地球と共に新しい世界を作って行く必要不可欠な生き残り人類リストに入るための方法をSaraswati元店長と”後ろの人”、”上の人”が全力で教えてくれる魂のカウンセリング型有料メールマガジンです。

2011年8月から2012年末までの49回+αの配信分につきまして、次のステップに進んだ方も多くなりましたので、”まだ間に合う生き残り希望者”、”気づきがスタート出来ないプログラムミスが発生している人々”に向け、この度無料公開させていただくことになりました。

まとめ読みはコチラから→Saraswati雲風の冥界通信

お知らせ

会員様限定の情報やお得なお知らせはイチ早く会員様にお伝えしております。
メルマガ会員はお得な情報満載ですので、ぜひこの機会にメルマガもご登録を!
※会員限定クーポンもメルマガを通じて配信しております。

☆☆メルマガ会員募集中☆☆

★会員限定豪華特典★
(1)ポイント10倍速報
(2)会員限定シークレットセールや新商品の先行販売
(3)商品再入荷の先行予約・先行案内
(4)無料モニターへの参加
(5)会員限定スペシャルプレゼント

Saraswatiでは、あなたのお悩みにズバリお答えしています。
ご不明な点は、お気軽にお問合わせください。

━★ Saraswatiの厳選オススメ商品はコチラです ★━
http://shop.saraswati.cc

━★ Saraswatiの商品とサービスに関するお知らせはコチラ ★━
http://saraswati.cc

”魂から心身の若返り”を指導する
完全紹介制の隠れ家サロン『アカデミーサロン・ド・サラスワティ』
http://salon.saraswati.cc