じゃがいも収穫祭

先日、早生(わせ)ジャガイモをいただきました。

ありがとうございます。

いただきものの馬鈴薯
「この芋、なんか肌がヘンなんだけどね・・・味はいいから。早生だから玄関に置いても芽は出ないから、室に入れとかなくても大丈夫よ。」

道産子のジャガイモ知識が満載の会話でした。

芋のお肌も、人のお肌も綺麗にするのにはね、秘策があるんですよ。

 

さて家のジャガイモはどうかな〜と、台風がやって来る前に掘ってみました。

ジャガイモ収穫 
掘り返してみると、かわいい子がゴロゴロと。

室で忘れ去られていた、四個のジャガイモから育ちました。

収穫した芋は握り拳大はあり、なかなかのサイズで驚きました!

ジャガイモ収穫
お肌も綺麗でかわいい子ばかりです。

育てている途中、上から「土を被せる」ということを教わりました。

人間の體や宇宙のことには詳しくても、農業のことは知りませんから助かります。

見守っていてくれている、教えてくれる、とてもありがたいです。

これも素敵なギフトですね。

 

玄関あたりではキアゲハの幼虫が元気よく歩き回っていました。

芋虫・・・イモ繋がりです。

キアゲハの幼虫
小さいようでしたが屋根まで登ったので、さなぎになるのかなと思ったらポトっと降りてきました。

すごい高いところから飛び降りても死なないんですね。

柔軟さに感心しました。

 

すべすべ綺麗でふんわり柔軟な肌ならば、如何様にもなるということですね。

ありがとうございます。

 



 

 

自然の声、宇宙の音が聞こえる自分になる!には・・・コレです。

Saraswatiスピリチュアルツアー2017

オアフ島・癒やしのシークレットツアー募集中!