Home » ブログ, 不可思議体験, 小樽, 日出処空間 » またまたUFO!?

またまたUFO!?

青空に映える木

 

この日は四月の冬後で、

晴天と雪質に恵まれた素晴らしい一日でした~。

 

ゴンドラもリフトも、ゲレンデも縮小されていまして、

これが春シーズンのスキーかァという感じではありましたが、

残雪に新雪が乗っかって、グルーミング(圧雪)も最高!

 

なかなかどうして、春スキーもいいもんですね。

春スキーは未体験。

どんどん雪が減っていくだけのゲレンデかと思いきや、まだまだ雪が降る日もあり、

その次の日の午前中は良いコンディション!

春は晴天率も高く、晴れの日のスキーはこれまた気持ちよいものです。

 

真昼の月もこれまた美しいっ!

 

真昼の月

 

なまら楽しいっしょ!

 

と、ウキウキしながら山を眺めていると・・・

 

スキーレッスンの最中、ふと、金色にキラキラと光る楕円の物体が目に入ったのです。

「なんだ、ありゃ?」

リフト、ゴンドラよりも遥かにでっかい物体。

優に長さは三倍以上あります。

しかも「今、ゴンドラもリフトも動いていないよねぇ?」

「反射の光だとしても、ずっと光っているのもおかしいし・・・」ときたもんだ。

 

これはもしや・・・「「「UFO!?」」」

 

 

長峰

 

それは、朝里岳の上空からゆっくり斜めに降りてきて突如消えました。

「着陸したのかなァ?」

あんな大きなものが木々の中に?

 

でっかい葉巻のような、フィンガーチョコのような、ソーセージのような・・・

横に長く大きな楕円の未確認飛行物体。

 

我々、体感族には見慣れているものではありますが(小樽塩谷ではよく見られます)、

スキー中の雪山でこんなにはっきり見られるなんて大・大・大感激!

流石!夢を叶えてくれる場所、KIRORO。

 

それにしても、キロロ、気ロロ、・・・ヴァイキング繋がりかァ。

”バイキング”の時代到来ってとこですね、これは。

キロロ

 

キロロリゾートは余市(よいち)、赤井川村、常盤というだけあって

エネルギーの強い場所、パワースポットでもあります。

元店長ご推薦の場所でもあり、UFOが現れてもなんら不思議ではないのです。

 

しかし、あまりにも美しかったのでもっと見ていたかったな~。

 

それも先日、小樽の環状列石(ストーンサークル)と、

塩谷ミステリーサークルで”交流”してきたからだと思われます。

UFOがますます身近になってきた証拠ですね。

 

キャッチできて嬉しかったです!

メッセージもちゃんと受け取れましたよ~。

三種の神器のお陰様~♪

なにかとスムーズな流れを掴むことが出来るようになり、本当にありがたいです。

と、いうわけで、我々は次のステージへ向かいます。

地球の裏面、限界の向こうを続行中。

 

去年からハワイのスピ系ヒーラーの方も北海道にご執心ですよね。

時代は北海道!

そして、サラスワティ(弁財天)!!!

 

 

「小さくまとまるな

世界を広くし 馬鹿になれ」 ※クローズのナレーション風に呼んでね(^^)

 

 

細胞修復と免疫活性化はバイオ・ノーマライザー
スピリチュアル的な気付きを得られやすくなるのもこのサプリのおかげです。
魂のソマチッド、バイオ・ノーマライザータブレット 。

気付きがなければ魂のレベルアップは出来ません。

 

骨貯金、ソマチッド不足の方はレベルアップは難しいようですので、

さらにアップしたい方へのお助けアイテムはこちら↓

善玉カルシウム・八雲風化貝カルシウム
体中の石灰化したカルシウム分を排出しながら、骨のカルシウム貯金を増やしてくれる
『善玉カルシウム』八雲風化貝カルシウム 断食中も善玉カルシウムは欠かさず摂取してください。

効果倍増です!

髪や頭皮、足の裏、病気じゃ無いけれどケアが面倒な状態にお悩みの人は、これで一気に解決。

 

 

ハイパーダイブバナー

酸素カプセル『ハイパーダイブ』全身の細胞に酸素を届ければ、 疲労・病気の回復力も3倍に!脳力も体力も10倍にアップだ!
マー君もご愛用、三種の神器の効果を最大限に引き出すためのマル秘テクニックは実はコレ。

 

病や老化や悩みからおさらばえぇ~。

ダイエットが成功しない方は、脳と細胞が呆けている。

あなたの常識や考え方をシフト!

 

━★ Saraswatiの厳選オススメ商品はコチラです ★━
http://shop.saraswati.cc

━★ Saraswatiの商品とサービスに関するお知らせはコチラ ★━
http://saraswati.cc

”魂から心身の若返り”を指導する
完全紹介制の隠れ家サロン『アカデミーサロン・ド・サラスワティ』
http://salon.saraswati.cc

 

 

 



タグ: ,