第27回『金環日食』

【黄泉なはれ】雲風の冥界通信 第27回2012年5月16日号

5月22日危険説は解除されていませんので、要注意日なのは変わりないですが、そもそも今の時期は、うるう年、うるう月、金環日食、金星の日面通過、などなどあらゆる事が重なっていて、これは170年に一回の現象であり、ニュースで報道されるような大きな事件・事故に限らず、
身の回りにおいてもちょっとしたケガをする確率もかなり高まっています。
ピンポイントで5月22日というよりは、暫くは、ありとあらゆる災害にご注意ください。
この現象は、次の満月の頃までは続きますので気を付けましょう。
ですが、せっかくの一大イベント。
やりたい事はやり、楽しいことは楽しんで♪
魂さんの成長にはお役立ちですから☆
先日みかけたブルータス(雑誌)に書き下ろし漫画がのってまして、その中の台詞で、
「約束を思い出せないのは、いつの間にかその約束を破ってしまったからなんじゃないか?」
というものがありました。
確かに人間というのは、流されているうちに大事な事を忘れるんですよね。
この世に生まれてきた目的を忘れたままda惰性で生きてるんですよね・・・
これまでアセンションについて口を酸っぱくして言い続けて参りましたが、
メルマガでも書きつづけてきたので、キーボードをうつ指も酸っぱくなりつつ(>_<)、
ここで一つ質問と答えの形で整理してみますので、忘れていた方はもう一度思い出して復習してくださいね☆

Q アセンションとは何ですか?
A この地球上で起きている(あなたの五感だけで体験できる)三次元世界での出来事は、宇宙全体で起きている出来事のうちの1%ぐらいで、99%は第六感以上を駆使して、三次元ならぬ十三次元以上のレベルを使い分けた高度な文明により成り立っています。アセンションすることにより、四次元以上での出来事が把握出来るようになり、相応しい考え方や行動が身につき、より高度な文明を垣間見ることが出来るでしょう。
これまで地球・世界・日本・都道府県・町内会・学校・家庭の中で当たり前とされていたことが、宇宙の成り立ちやこれからの宇宙の進む方向から考えると本当ならどうあるべきか、という”宇宙ルール”にいち早く気付くことがアセンションへの第一歩となります。

一般的な”アセンション”についてはウィキペディア参照。
Q 何故覚醒が必要なのでしょうか?
A 私たちがこれまで生きてきて常識とされていた三次元世界の枠組みの中だけで、魂のレベル・肉体のレベルを留まらせておくと、これからは生きられないので覚醒をすることによって、四次元、五次元、十三次元といった高次元レベルの考え方と行動および能力を身につけなくてはいけません。

Q ”生きられない”の具体的な意味は?
A 私たちの住環境である地球が五次元以上に上昇しようとしているという原因があげられます。次元上昇しなくてはいけない理由としては、三次元世界の人間によって地球環境があまりにも汚染されてしまったので、一旦綺麗にリセットしたいという地球自身の意思と、客観的にみている宇宙からの意思によるものです。また、三次元のままでリセットしては同じ事の繰り返しになってしまうため、高次元の考え方についてくることが出来る”愛の人”に優先して住んでもらい、ついてこられない人は残念ながら振り落とすことに決まっています。

Q ”ついてこられない人”とはどんな人ですか?
A 目に見えないもの・耳で聞こえないものについてその存在自体を否定する人、科学者もしくは権威者の意見を鵜呑みにし、信じている人、大多数の意見に流されている人、および否定意見を他人にも強要している人、自己否定をする人が次の次元についてこられない人です。
目に見えない愛を信じられるならば、本当はついていけるはず。日常の煩わしい出来事や、知らず知らずのうちにそれで普通だと、それが常識だと教え込まれてしまっているのが原因で、真実を見落としていることに気付いていないのです。

Q 世界中で頻繁に起こっている大地震などの天変地異は関係がありますか?
A 次元上昇するにあたっては、楽園となる地球を再構築する準備として、掃除や消毒をしている段階です。
不可解な事件や事故、異常気象、新種の病気の蔓延、雷・地震・竜巻・津波などの天変地異は、まさに地球の大掃除と殺菌処理にあたります。この準備段階において、巻き込まれて亡くなってしまう方については、一旦この地球での役割が終了となります。宇宙ルールでいう人間の”間引き”ということになります。

Q 亡くなった方に対して”間引かれた”とは失礼ではないでしょうか?
A 美しくバラを咲かせるには、剪定という枝を切り落とす作業はどうしても必要となります。
美しい地球を再度作り直すために必要な作業”間引き”は今後も止まりません。
亡くなられたご本人は肉体を失った後に、ご自身の魂においては何故その時死ぬことになったのか、理由に気づき納得しています。
理由が分からない遺族だけが嘆き悲しむことになりますが、宇宙ルールに沿って考えることが出来れば、悲しむ必要は一切ありません。
霊能者の観点からでも同じ事が言えるので、理解ができるかできないかの差なのでしょう。
人間を間引くと言うこと、江戸時代で言えば”口減らし”ですね。人間も動物だと思えば理解しやすいでしょう。
植物、動物、魂、地球などの立場から、”人間”を第三者的に見ることが出来れば宇宙規模で考える事ができるでしょう。

Q そんな大事な事を有料にするなんて愛が無いと思いませんか?
A はじめから、全員を救うことは出来ないと知っているからです。なぜなら”間引き”は必要なことであり、地球の次元上昇は既に始まっていることですから、もうこのままではいられないのです。ですから、お金を払ってでも”本気で生き残ろう”としている人に、こちらも真剣にお話させていただいています。
巷には覚醒を促す”キーワード”が溢れています。”あなたを残したい”と”上”が考えるのならばそのように動かされる筈です。そのようなプログラムがなされていますので。自己で謎解きをし、記憶を呼び起こすことができればスムーズに覚醒は出来る筈なのです。誰しも人間界で学ぶことにお金や時間を費やしてきています。今の時代からいえば、開かない一昔の鍵を開いて貰うにはテレビ出演するか、お金を支払い、鍵師に開けて貰うかでしょう。
名前を出し、顔出しし、中身を知らせ、時間を拘束され、無料でテレビで紹介されるのを望むか、お金を払いその人の情報を買うか、無料サイトで調べまくるか、何もしないかは本人の自由です。それも含めて”見守る愛”を創造主は伝えています。
マネーゲームが終わる頃にはきっと無料で見られることと思いますけれど★それも愛♪

Q 自分は好きに生きて、好きなように死ぬ、誰にも迷惑をかけてないからいいだろ?もう放っておいてくれ!
A そういう投げやりな生き方は、結局自分勝手な生き方であり、他者を巻き込んで死ぬことになります。
あなたは死んでも良いですが、大切な人(両親・配偶者・子供・恋人・友人)があなたのせいで道連れになって死ぬことになっても、それでも良いのでしょうか?
そういう方には、少なくともその考え方を一切口に出さずに、決して目立たぬよう、山奥でひっそりと”一人で”暮らすようにお願いしています。しかしながら、放っておいてくれ!という方ほど気付いてくれという信号が大きいものです。
そんな方にこそ宇宙ルールをお教えしたいものですね。3次元よりも5次元の方が楽しいに決まってますから♪

”夢”と創造力はとても大事です。
ここで一つ新しい謎解きを・・・

<宇宙は音で出来ている>とは?

周波数というものは、あくまでも情報伝達手段であって、
その周波数を使って何を流すか、によって人への影響を変えることが出来ます。
人を癒やすモーツァルトの音色は、AMラジオ1242kHzで聞いても、
FMラジオ80.4MHzで聞いても同じ癒やしの効果を得ることが出来ますし、
稲○淳二さんの怪談話が流れてくれば、AM波でもFM波でも人を怖れさせることが出来るでしょう。

誰かに思いを伝えようとする念や、叶えたいと思う心、などなど人間から発せられる思念・想念といったものもまた、
ある種の波に乗って伝わります。
音であれば空気を媒体としますので空気が無いと伝えることが出来ません。
水中だと少ししか空気がないので、ほとんど聞こえません。
宇宙だと空気が存在しないため、宇宙に音は届きません。無音の世界です。
ちなみにイルカは水中で超音波を使って情報伝達を行いますし、コウモリも超音波を使って周囲の様子を把握しますので、超音波は水中でも空気中でも伝わります。

一方人間が使う事の出来る”念の波”は、宇宙にも地球にも存在する(科学では解明されていません)とある媒体に乗って伝わります。
ある人は、この波を使って物理的に離れた人の身体を治すことをします。
また、ある人は、この波を使って離れた場所の映像を入手することも出来ます。
(凄い人になると、未来を見たり、あの世を見に行くことさえ出来ちゃいます。)
そして、最悪な事に呪いをかける、という行為も念の波を使って相手に影響を与えた結果です。
※呪いを使うと自分にも代償が返ってきます(>_<)→やらないように!

これらの念が集団で同調するようになると、好運期が続くいわゆる”波に乗ってる”状態になりますし、
みんながネガティブな状態になると不景気が連鎖して止まらなくなり、出口が見えなくなったりします。
どんどんネガティブな念が重なりあって、同調・共振を起こし、”ネガティブのメガ盛り”が出来上がってしまったのが、
今の地球・世界・日本なのでしょうね。
飛ばしてしまったネガティブの念は、やがて黒い水を伴った津波となり、自分たちの元へ戻ってくるのです。
魂の綺麗な方は、どんな汚れた水でさえも綺麗な水へと変えられます。
逆を言えば、汚れた魂の方は、どんなに綺麗な水を買って飲んだとしても汚れた水を飲んでいるのかも知れませんね。
それもまた循環です。
これからの世界の立て直しに必要な事は、バックナンバーで何度も書いてきたように、
一人一人が宇宙ルールに気付くこと、アセンションすること、ですね☆
ネガティブを抜け出すための第一歩は、”許す”ことから、なのかもしれません。
どんなことでも宇宙ルールに従って起きているということや、
それをきっかけに自分の行動を修正・調整していく必要があることに気付いていれば、
腹を立てる必要など全くありません。
日常の生活でまだ”怒り”の感情を持ってしまう方は要注意です。
まだまだアセンションには遠いですよ~。

嫌いなこと、こわいこと、避けてきたこと、苦手なこと、楽しいこと、めいっぱいやって心残りのないよう”思い出して”くださいね。
”そう思わされていただけ”ということに気付ければ可動範囲は広がります。
時間の許す限り、多くの体験をしてください。
そろそろ空が開きます。
嘘の壁も綺麗さっぱり取り払われるのでしょうね。
”あなたの世界”には何が見えるのでしょうか?
目に映る物は同じなのでしょうか?
教えていただければ幸いです。

波の仕組みを理解し、波の使い方に慣れ、使いこなすことが出来るようになるとレベルアップです。
頑張って波に乗っていきましょう☆

金環日食、”ご褒美”として見られるといいですね!
あ、日食専用メガネを忘れずに!!
『人生に慶びを』
ありがとうございます。

【編集後記】

今回の記事を読んで私も良い声で良い波導をみなさまにお伝えしていきたいと思いました!
そして、自ら楽しんで、他の人にも慶びの伝搬をしていきたいものですね。

それではまた次回★ミ

 

 

【Saraswati店舗よりお知らせ】

バイオ・ノーマライザータブレット
バイオ・ノーマライザータブレット150粒入り 

・放射性物質による活性酸素大量発生、ストレスから身を守る
・第六感を覚醒させるために降ろされたサプリメント
バイオ・ノーマライザーについては、こちらもご覧下さい。
http://ameblo.jp/shin5nack/entry-10841043623.html

 

「健全な身体に健全な魂が宿る」、と言われた通り
健全な身体(元々の完璧であった自分)に戻るためには、善玉カルシウムの補給が欠かせません。
魂の入れ物が完璧になれば、脳力を100%使えるポテンシャルが復活します!
善玉カルシウムは八雲風化貝カルシウム
廃骨促進と骨代謝アップ出来る善玉のカルシウムといえば八雲風化貝カルシウムです。

善玉カルシウムの詳しい効果や活用方法はについては、こちらのブログも合わせてご覧ください。
http://ameblo.jp/shin5nack/theme-10063025792.html

 

 

 

「黄泉(よみ)なはれ」Saraswati雲風の冥界通信を無料公開中!

このままでは世界の人口は1/3になってしまう見込みです。新しく生まれ変わる地球と共に新しい世界を作って行く必要不可欠な生き残り人類リストに入るための方法をSaraswati元店長と”後ろの人”、”上の人”が全力で教えてくれる魂のカウンセリング型有料メールマガジンです。

2011年8月から2012年末までの49回+αの配信分につきまして、次のステップに進んだ方も多くなりましたので、”まだ間に合う生き残り希望者”、”気づきがスタート出来ないプログラムミスが発生している人々”に向け、この度無料公開させていただくことになりました。

まとめ読みはコチラから→Saraswati雲風の冥界通信

 

 

 

お知らせ

会員様限定の情報やお得なお知らせはイチ早く会員様にお伝えしております。
メルマガ会員はお得な情報満載ですので、ぜひこの機会にメルマガもご登録を!
※会員限定クーポンもメルマガを通じて配信しております。

☆☆メルマガ会員募集中☆☆

★会員限定豪華特典★
(1)ポイント10倍速報
(2)会員限定シークレットセールや新商品の先行販売
(3)商品再入荷の先行予約・先行案内
(4)無料モニターへの参加
(5)会員限定スペシャルプレゼント

Saraswatiでは、あなたのお悩みにズバリお答えしています。
ご不明な点は、お気軽にお問合わせください。

 

━★ Saraswatiの厳選オススメ商品はコチラです ★━
http://shop.saraswati.cc

━★ Saraswatiの商品とサービスに関するお知らせはコチラ ★━
http://saraswati.cc

”魂から心身の若返り”を指導する
完全紹介制の隠れ家サロン『アカデミーサロン・ド・サラスワティ』
http://salon.saraswati.cc